3月27日(土)南信州飯田『お練りまつり』

『お練りまつり』に大曽根メンバーと共に初めて行ってきました。
(公式ホームページ)http://oneri.iidacci.org/

大まかに特徴を
ここの特徴は「屋台獅子」ですね。
南信州には70~80基という多くの獅子舞が保存・伝承されているそうです。
幅約2m・高さ約3m・長さ約15mもある大きなものです。
これは「屋台獅子」と呼ばれ、
この地区にしか無い珍しい型の獅子舞です。
この「屋台獅子」は、30~50人くらいがほろの中に入り、
笛・太鼓でお囃子を演奏しております。

しかし本当に大きいですね。

画像

画像

画像

画像

th="320" height="240" class="up-image" alt="画像" title="松尾朝町3丁目「神代鹿島おどり」" />

画像


サプライズで本場「秩父屋台囃子」が見れました。
太鼓集団の助っ人として、来ていたようで、ずっと付いて歩いちゃいました。
思いは叶うもので、自分たちがそれをやっていると、向こうからもやってきてくれる。
今度は交流が出来そうです。世の中不思議です。

画像

画像

画像


実はここは友人の出身地。
ここに到着したときにも家族で出迎えてくれました。
その出身地の太鼓「満嶋掛け太鼓」もしっかり見てきました。
これがまた凄く良いんです。なんでしょう、木遣り唄といえばいいのでしょうか、
みんなで歩きながら、踊りながら太鼓を打ち、唄をうたい、気持ちが良いです。

画像

画像


大曽根も人数が少なくなってしまいましたが、
また増えたらチャレンジしてみたいです。
友人も教えてくれると言っていたし!
(よろしくお願いいたします。)

信州は民俗芸能の宝庫ですね~。
来年もまたおじゃましま~す!








この記事へのコメント